詩・自然・音楽を愛する吟遊詩人…
シンガーソングライター 木の子

 

ありのままの姿の美しさを歌い、

真実を知ろうとする脆いココロを秘めて、自分が信じているものを創作しています。

 

たとえ文明の進んだ時代に生まれたとしても、
自然の中で育まれた『私』の源は、この先もずっと、出発点として在り続けるのです。